Shihoko Ogino

photography

Category:Nikon FM10

雨曜日

 

 

長雨が続いてる

週末はなんとも刺激的な3日間だった

 

金曜日

大好きな女友達と仕事終わり待ち合わせ

買い物を楽しんだあと

秘密基地にてお酒を楽しむ

 

土曜日

2つの写真展にお邪魔する

楽しんで写真を撮っていた頃を

思い出しながら初心に返る

 

そのあと

優しさにあふれる方々のライブにて

心地よさに酔う

とにかくたくさんの人と会って

たくさんの笑顔と元気をもらった

 

そして一日の終わりを

とっておきの場所で

おいしいお酒と

優しい時間で締めくくる

 

日曜日

野球の合宿の下見に秋川渓谷へ

雨に煙る山々と

吸込まれそうなほど速い水の流れに

心を奪われる

 

とてつもない刺激と

速度で過ぎていった3日間

 

雨曜日は

私を浄化してくれた

 

新たな気持ちと

変わらぬ気持ちが同居しながら

今週も展示に向けて動き回ります

 

CATEGORY : - COMMENT : (0)

3.11

purple & white on GREEN

今日という日をけっして忘れない

 

3年前の今日を迎えるまでは

なんの意識もせずに通りすぎていた

3月11日

 

今日いちにち

気をゆるめたら泣いてしまいそうで

身体中に力を入れて過ごした

 

あのとき

私たちは毎日のようにメディアから伝わってくる

被災地の哀しい現実に戸惑い

なにもできない無力な自分たちにもどかしさを感じていた

 

それと同時に

いつも通りの慎ましい毎日を送ることが

どんなに貴重で幸せなことなのかということも学んだ

 

友人の古賀さんのお声掛けで

チャリティーフォトブックに参加させてもらったり

当時、中1になったばかりの長女が使い終わったランドセルに

鉛筆やレトルト食品をいっぱいにつめて被災地に送ったり

すこしずつだけど、みんなが東北と繋がることが出来てきた

 

今もランドセルは誰かが使ってくれてるのかな

それともその子も卒業して

また後輩たちに受け継がれているのかな

そう想いを巡らせるだけで

つねに私たちは見知らぬ友と繋がってるんだと思う

長女もランドセルの行方と共に

一生、震災のことを忘れないでいるだろう

 

じつは、長女は何年か前から

原因不明の背骨の病気を患っている

現在は日常生活に支障はないけれど

将来もしかしたら

矯正や手術が必要になってくる可能性も持っている

今日は年に一度の定期検診の日だった

検査の結果、ゆっくりだけど病状が進行しているため

引きつづき経過観察

6ヶ月後にまたきてください

とのことだった

 

検診の感覚が短くなっていることへの不安

なにより彼女の将来と

メンタルがとても心配

どんな未来が彼女を待っているのか

どうか明るい未来であってほしい

 

 

家族がいる

愛する人がいてくれる

それはとても幸せで

自分を投げ打ってでも守りたいもの

でも笑顔と隣り合わせで

不安や心配事も尽きない

 

けれど

こうして一緒に泣いたり笑ったり

存在してくれることに

心から感謝している

 

命さえあれば

なんとかなるさ

 

絆という言葉が

何度も頭をよぎった

3月11日でした

 

いつも

いつまでも

忘れてはいけない日

 

swing

bankband/ to U



震災後

毎日聴いていた曲

いまも聴くたびに泣けてくる

CATEGORY : - COMMENT : (0)

神様がくれた休息

先週末

東京に大雪が降った

同時に私の身体にもインフルエンザウィルスがやってきた

 

金曜日、寒気が止まらなく気力のみで仕事を乗り切って帰宅

熱を測ったら38.2℃

何年ぶりかの高熱だ

翌朝も熱はいっこうに下がらず

病院で検査、A型インフルエンザと診断され

5日間の自宅療養を余儀なくされる・・・

偉大なるタミフルのおかげで一日で熱はすっかり下がったけれど

週末に予定していた撮影は中止

お誘いいただいていたSilent Sproutさんのライブも泣く泣く欠席

友人との会食もキャンセル

あーあ、、、すっかり籠の鳥・・・

 

でもどれだけぶりか忘れてしまうぐらい久しぶりに

平日の昼に自宅でひとりの時間を過ごすという

とても有意義な時間ももらった

 

朝起きてお弁当と朝食を作り

洗濯と掃除を時計とにらめっこしながら分刻みでこなし

スタートダッシュのように出勤

夕方、帰宅して一息つく暇もなく夕食の支度

片付け、お風呂、寝る!

そんな毎日が私の日常だけど

籠の鳥のおかげで時間にゆとりのある生活をつかの間あじわえた

専業主婦のときのように穏やかな気持ちでひとつひとつを楽しんだ

学校から帰ってきて「ただいま!」「おかえり」という言葉が交わされるって

ほんとうに優しくて素敵なことだと感じた

 

このHPリニューアルも昨年末から取りかかり

あけみちゃんの迅速な作業とは裏腹に

私の時間のなさで、かなりゆっくりの進行となっていたけれど

この何日かのおかげで一気に仕上げることが出来た

 

きっと

ゆっくりしなさい

と、神様がくれた休息なのかもしれない

毎日を突っ走っている私へのひとときの

大事な時間のプレゼント

 

さて

明日からまた仕事

いつもの日常が始まります

 

でも先週までの私とは

すこしだけ違った私になっているはず

CATEGORY : - COMMENT : (0)